CellBiology706x

CellBiology706x

Segregate

Contents:
  1. Segregateの概要
    1. Segregateに必要な事
    2. Segregateのフェーズ
    3. Segregationの2つの運動とAnaphase
  2. Segregateで起こりうる問題
  3. エラー訂正
    1. AuroraBの活性と力
  4. Cytokinesis
  5. 次:Meiosis概要

Segregateの概要

PngNoteの33ページ

Segregateに必要な事

Segregateには以下が必要

  1. 各染色体を捕獲する為に、物理的なアタッチメントが必要 (prometaフェーズ)
  2. sister chromatidのペアのそれぞれを、反対側の極にアタッチする事を保証 (prometaフェーズ)
  3. 染色体を赤道面(metaphase plate)に並べる事が必要(metaフェーズ)
  4. sister chromatidsをsegregate awayして新たなcellに配置(anaフェーズ)

Segregateのフェーズ

上記の必要な事に対応して、Segregateのフェーズは以下のように進む。

  1. prophase
    condensatioや核膜のbreak downが起こる(菌類など核膜のbreak downが最後まで起こらない生き物もいる)
  2. prometaphase
    染色体がmicrotubuleにアタッチされる
  3. metaphase
    赤道面に並べる
  4. anaphase
    実際にsister chromatidsをsegreate awayして新たな細胞に配置

Segregationの2つの運動とAnaphase

Anaphaseには2つの運動がある。

  • AnaphaseA: 染色体が極に向かって移動
  • AnaphaseB: Spindleポールが離れていく

両者は別々に起こるとは限らないが、別々の運動である。

Segregateで起こりうる問題

PngNoteの34ページ

microtubuleが接続する場所をkinetochoreと呼ぶ。

正常なケース、両方に反対の極からattachする状態をBi-orientedと呼ぶ。

正しいSegregateの為にはBi-orientedである必要があるが、それがうまく行かないケースがいろいろ考えられる

  • unattached
  • monopolar
  • syntelic 同じ極から両方につながってしまう
  • merotelic 1つのkinetochoreに両方の極からつながってしまう

エラー訂正

PngNoteの34ページ

unattachedとmonopolarに関しては、microtubuleがアタッチされているかどうかを調べる事で検出できるが、 これではsyntelicは区別出来ない。

syntelicやmerotelicは、力を検出する事で区別している。

  • 力が無い⇒シグナル⇒turn kinetochore off (microtubuleを外す)⇒再挑戦
  • 力がある⇒kinetochore-microtubule接合を保護

AuroraBの活性と力

力の検出にはAuroraBが関わっていると思われる。

  • 力が低い⇒AuroraBの活性大
  • 力が大⇒AuroraBの活性低

AuroraBはkinetochoreを構成するNDC80をリン酸化する。 リン酸化されるとkinetochoreのホールドが外れる模様。

Cytokinesis

  • Dictyostelium 細胞性粘菌
  • morphology 形態(学)
  • furrow わだち

PngNoteの35ページ

Cytokinetic furrowはactin ring+myosinで出来ていて、 両極からのmicrotubuleが接する所がcytokinetic furrowをどこに形成するかのシグナルを生む。

cell cortexに局在するdyneinがastral microtubuleと結合して中心体を引っ張る。

Microtubuleの制御も参考。

次:Meiosis概要

Meiosis概要に続く