いい加減deployしてtry and errorするのも疲れてきたのでローカルにjekyll環境を作ろうと決心する。 ただローカルにrubyなんて入れてたくないので、docker環境も作る事にする。

Mac OS X上のdocker環境

MacのdockerはGUIだ(!)との事なので、brew installじゃなくてbrew cask installじゃなきゃダメだよ、とこちらに書いてあったので、何も考えずにbrew cask install dockerを実行する。

Error: Calling brew cask install is disabled! Use brew install [--cask] instead.

何それ。まぁいいや、言われた通りやってみよう。

> brew install --cask docker
...
==> Installing Cask docker
==> Moving App 'Docker.app' to '/Applications/Docker.app'.

おや、なんかApplications下に入るのか。 そういえば以前仕事で使ってた時はVirtual Boxとかいろいろダウンロードして入れて使ってたのをうっすらと思い出してきた。

設定はGUIでやるっぽいのでCmd+SpaceでスポットライトからDockerで起動してみる。

なんか次へとか適当に押しているとパスワード聞かれたりして、なんかチュートリアルが始まる。 え?そんなの要らないんだけど。 という事で左下のSkip tutorialを選ぶ。

この状態でターミナルからdocker --versionしたらそれっぽい結果が帰ってきた。右上のアイコンでrunningと言っているから、この状態だと使えるっぽいかな。

jekyllイメージ

次にjekyll環境。 dockerのイメージとしてはjekyll/jekyllというのがあるね。

> docker pull jekyll/jekyll

jekyllのビルドをすると何が出来るんだろう? 一通り作業が終わったあとに比較したら_site.jekyll-cacheが出来るだけっぽいので、これを.gitignoreに追加して、普通にgithub pagesをcloneしたディレクトリで作業すれば良いか。

> cd karino2.github.io

リンク先のgithubを見ている感じだと、このworkをvmountすれば良さそうかな。

> docker run --rm --volume="$PWD:/srv/jekyll" -it jekyll/jekyll jekyll build

ビルドは出来た。 serveを試すにはどうしたらいいんだ? 公式のDockerfile見ていると4000番でアクセスするっぽいか?

> docker run --rm --volume="$PWD:/srv/jekyll" -it -p 4000:4000 jekyll/jekyll jekyll serve

これでブラウザからhttp://localhost:4000でアクセス出来た。いかにも忘れそうなのでシェルスクリプトにしておく。